新型コロナウイルスの対応について

トップ > 新型コロナウイルスの対応について

※新型コロナウイルス感染症に関する情報を本ページにまとめています。
今後、状況に応じて、対応を変更する可能性がありますので、定期的にホームページを確認するようにしてください。

最新のお知らせ

学校閉鎖期間中のお問合せについて

新型コロナウイルス感染症状がある場合

・発熱(37.5°C以上)や咳などの風邪の症状がある場合は、自宅待機としてください。
・体調不良時には、「健康観察記録表」を使用し、必ず体温や自覚症状の記録をし、医療機関受診や相談の際に活用してください。
・感染が疑われて不安な場合には、各都道府県の窓口へ相談が可能です。
・以下の条件に当てはまる場合は、「帰国者・接触者相談センター」に連絡し、その指示に従ってください。

➀息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
➁重症化しやすい方(※)で発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合
 ※基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患等)等)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
➂上記以外の方で発熱や咳等、比較的軽い風邪症状が続く場合
 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。解熱剤等を飲み続けなければならない方も同様です。)

新型コロナウイルス感染症と診断された場合、濃厚接触者となった場合

医療機関において新型コロナウイルスに感染していると診断された場合や、濃厚接触者となった場合は、就業・登校は禁止となります。
ただちに以下にお知らせください。