教育内容

変わり続ける社会で、世界で、地球で、 流されない「自分」を見つけてほしい。 多様な考えが存在する社会で、世界で、地球で、 あなた以外のみんなとともに歩んでいける「自分」になってほしい。 すべての生徒に、自分らしく生きて輝く未来を手にしてもらうために。 本当の「実践力」を学ぶ6年間。

トップ > 教育内容 > 感性表現教育

感性表現教育

礼法

単に作法を学ぶのではなく、人を敬い配慮する「心」を「型」で表現。グローバル社会でもひときわ輝く日本の文化です。

日本文化実習

中1では、茶道、華道(桂古流)、華道(小原流)、筝曲(山田流)、筝曲(生田流)、和装着付、仕舞の中から1つ選び、1年間お稽古します。中2以降、希望者はクラブとして継続することができます。お稽古を通じて人との接し方や美しい立ち振る舞いなどを学ぶことができ、どれも非常に貴重な体験となります。

行事

日常全てが、感性を磨くための学びです。運動会、ときわ祭、百人一首かるた大会、創作ダンス発表会など
本校には「表現」する場が数多くあり、表現する場には必ず「感動」が生まれます。

クラブ活動

好き」を極める楽しさ、勝負する厳しさ、仲間との絆など、クラブ活動を通して新しい発見や感動が生まれます。中学生は全員参加のクラブ活動。31のクラブから選ぶことができます。

委員会活動

生徒の自主性を重んじる指導の核となる委員会活動。学年委員会と、風儀、規律、整美、保健、図書の各委員会との連携のもと、さまざまな活動を行っています。また各学校行事の多くが、生徒の手によって企画・運営されています。