教育内容

変わり続ける社会で、世界で、地球で、 流されない「自分」を見つけてほしい。 多様な考えが存在する社会で、世界で、地球で、 あなた以外のみんなとともに歩んでいける「自分」になってほしい。 すべての生徒に、自分らしく生きて輝く未来を手にしてもらうために。 本当の「実践力」を学ぶ6年間。

トップ > 教育内容 > 感性表現教育

感性表現教育

教科教育や学校行事、クラブ活動を通じて、本校には「表現」する場が数多くあり、そこには多くの感動が生まれ、生徒は感性を磨いて成長します。中1必修の「日本文化実習」では、1年を通じて本格的なお稽古を体験します。中1と高3では礼法の授業を取り入れ、今すぐに社会に出られるような、自立した女性の立ち居振る舞いを目指します。また、委員会やクラブ活動では、目標に向けて生徒同士が協力したり、支えあったりと、友人との信頼関係の大切さを学びます。卒業式を感性表現教育の集大成を位置づけ、今まで学んだ式作法・そして学園生活で培ってきた感謝の心を持って式に臨みます。

礼法

礼法の授業は中1、高3で必修とし、単に作法を学ぶのではなく、人を敬い配慮する「心」を「型」で表現することを学びます。また、毎日の「礼」や「挨拶」など様々なところで品格を身につけていきます。
グローバル社会でもひときわ輝く日本の文化です。

日本文化実習

中1では、茶道、華道(桂古流)、華道(小原流)、筝曲(山田流)、筝曲(生田流)、和装着付、仕舞の中から1つ選び、1年間お稽古します。中2以降、希望者はクラブとして継続することができます。お稽古を通じて人との接し方や美しい立ち振る舞いなどを学ぶことができ、どれも非常に貴重な体験となります。

茶道

お茶の点て方やお菓子のいただき方、礼儀作法を学びます。

華道

季節にあったお花を生けます。先生から珍しいお花や身近なお花の豆知識と併せて華道を学びます。

箏曲

山田流と生田流の二大流派のどちらかを選び、お箏の演奏方法や知識を学びます。

仕舞

能の基本的な動き「形」を運足から学び修得します。

和装着付

浴衣や振袖の着装、名古屋帯や女袴の着付方法を学びます。

行事

日常全てが、感性を磨くための学びです。運動会、ときわ祭、百人一首かるた大会、創作ダンス発表会など本校には「表現」する場が数多くあり、表現する場には必ず「感動」が生まれます。

運動会

ときわ祭

百人一首かるた大会(中学)

合唱コンクール(中学)

英語レシテーションコンテスト(中学)

芸術鑑賞

その他のイベント

・球技大会(高校)
・海外研修
・クエストエデュケーション発表会(高1)
・スピーチコンテスト(高校)

・創作ダンス発表会(高2)
・移動教室(中学)
・選択制修学旅行(高1)

クラブ活動

「好き」を極める楽しさ、勝負する厳しさ、仲間との絆など、クラブ活動を通して新しい発見や感動が生まれます。中学生は全員参加のクラブ活動。31のクラブから選ぶことができます。

ダンス部

文芸部

吹奏楽部

硬式テニス部

能楽部

被服部

学術部

  • ・理科部
    ・自然科学部
    ・英語部

  • ・家政部
    ・マンガ部

芸能部

  • ・合唱部
    ・室内楽部
    ・フォークソング部
    ・軽音楽部

  • ・演劇部
    ・写真部
    ・書道部
    ・映画制作部

体育部

  • ・ソフトテニス部
    ・卓球部
    ・バレーボール部
    ・バスケットボール部

  • ・バドミントン部
    ・機械体操部
    ・水泳部
    ・剣道部

特殊部

  • ・華道部小原流
    ・華道部桂古流
    ・茶道部

  • ・箏曲部山田流
    ・箏曲部生田流
    ・和装着付部

同好会

・グローバル研究会

委員会活動

生徒の自主性を重んじる指導の核となる委員会活動。学年委員会と、風儀、規律、整美、保健、図書の各委員会との連携のもと、さまざまな活動を行っています。また各学校行事の多くが、生徒の手によって企画・運営されています。