学園・学校紹介

1世紀以上にわたって、
こだわりある女子教育の伝統を築いてきた実践女子学園。
その伝統に貫かれた実践女子学園の信念をお伝えします。

トップ > 学園・学校紹介 > 校長からのメッセージ

校長からのメッセージ

女性が社会を変える、世界を変える

 実践女子学園の教育の根幹をなすのは、「女性が社会を変える、世界を変える」という信念の下、教育を通じて女性の地位向上を図った校祖下田歌子先生の高い志です。学園創立から120年経った現在においても変わっていません。

 本校は1899 年( 明治 32 年 )、校祖下田歌子先生により創立されました。校祖は、いち早く女性の地位向上を目指し、その基礎が女子教育にあることを確信した人物です。教育により女性の品格を高め、さらに実践的な学業を授けることで自立の基礎とし、社会に貢献できる人材を育成しようとしたのです。校祖の「女性が社会を変える、世界を変える」という言葉は、現代も色あせていないばかりか、ますます輝きを増しています。
 創立の理念に基づき、本校教育の 3 つの柱であるグローバル 教育・探究教育・感性表現教育を通して、中高6年間で、グローバル時代の複雑で予測困難な世界を理解し、平和で平等、持続可能な世界の実現に貢献する実践力と感性を養います。高い志と目標をもって学ぶ皆さんを、私たちは全力で応援します。

実践女子学園中学校高等学校 校長
湯浅 茂雄