生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2022年度 > 中2「未来デザイン」JICA海外協力隊 宮澤有実さんの特別講演が行われました。

中2「未来デザイン」JICA海外協力隊 宮澤有実さんの特別講演が行われました。 2022年06月13日

 中学2年生の前期「未来デザイン」では、「国際・異文化理解」をテーマに授業が進められています。
 6月10日(金)の授業では、本校の卒業生である宮澤有実さんにお越しいただき、特別講演が行われました。宮澤さんは、JICA海外協力隊としてセネガルの小学校で活動されていました。「タクシーは車だけではなくロバも使われている」「学校は一クラス80人ほどの編成」「一夫多妻制(ただし4人まで)」「Wi-Fi環境が整っており、ネットもサクサク動く」など、教科書には載っていない、現地に住んでいたからこそ伝えられるユニークな情報に、生徒たちは興味津々に聞いていました。そして、セネガル人の、周囲の人と協力して生きていく「分け与える文化」については生徒たちにとって考えさせられることが多く、心に強く響いたようです。講演の最後には、「自分の楽しいを突きつめ、やりたいことをやって、楽しく生きていこう」とメッセージをくださいました。
 生徒たちは今回の講演で、自分たちの文化は他者にとって異なる文化であること、異なる文化を知ることで新しい発見があることを改めて実感した様子でした。

 生徒たちの感想を一部ご紹介します。

生徒たちの感想

〇分け与える文化があるのはすごく良いなと思いました。アフリカについてあまり知らなかったので、今日、アフリカやセネガルの様子について知ることができて良かったです。

〇セネガルの特徴として色々なものをあげたり貰ったりして協力して生活しているということがわかりました。全員が協力して助け合いながら信頼関係を築き、生活していくことが素敵だなと思いました。

〇日本だけの狭い・小さい国にとらわれずに、外国で働くことも将来の夢に取り入れることができると、改めて知りました。そのためにはコツコツ英語を勉強することが大切だと分かりました。