生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2021年度 > 中二「未来デザイン」の授業を紹介します

中二「未来デザイン」の授業を紹介します 2021年05月21日

5月21日(金)、中学二年生の「未来デザイン」の授業では、思考実験「あなたなら どうする?」を行いました。
この授業では、身近にアプローチしにくい社会の問題について、「もしも」自分たちが問題に直面したら、また、「もしも」自分が中学二年生ではなく別の立場だったら、どのように判断し、行動するかを考えていきます。
生徒たちは具体的な状況の設定に対し、「自分だったらどうするだろう?」と真剣な表情でワークにのぞんでいました。また、個人で考えた答えを共有し合い、さらに考えを深めていきました。

授業を受けた生徒たちの感想です。
「未来デザインの授業を受けて、答えのない問題や色々な人の立場になって考えるのが大変だった。」
「人それぞれ考えることが同じだったり、違ったりしていることがわかった。」
「今回の未来デザインの授業を通して世の中を見る視点を変えてみることの重要さを感じることができました。」
「様々な人のことを考えて行動したいと思いました。」

生徒たちが多面的・多角的な視点を獲得すること、社会に生きる一人として正解のない問題に取り組み、自分が無意識的に持っている判断基準を自覚してもらうこと、そして、協働の中で思考を深めていくことを授業の目的としています。
今を生きる生徒たちだからこそ、他者を通した視点を持って、自ら判断できるようになってほしいと思います。