生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2019年度 > 「日本文化紹介のつどい」に参加しました

「日本文化紹介のつどい」に参加しました 2019年11月04日

 10月20日(日)に国際ソロプチミスト主催の「日本文化紹介のつどい」に茶道部生徒が参加しました。国際ソロプチミストとは、国際親善と理解活動を通じて、女性の地位向上、万人の人権、平等、平和などを求めて努力することを目的とし、その目的達成のために、社会に向けて活動を行っている国際的な団体です。今回「日本文化紹介のつどい」に茶道部生徒が参加し、お運びやお点前などを行いました。外部で開催されるお茶席に参加する機会はあまりないので、参加生徒たちにとっても有意義な時間となりました。参加した茶道部生徒の声が届きました。

参加した茶道部生徒の声

 私は今回初めて国際ソロプチミスト主催の「日本文化紹介のつどい」に参加させていただきました。普段の活動ではお点前をし、お客様の稽古をしているのですが、今回参加させていただいたつどいは、留学生の方にお茶やお菓子をお出しするという貴重な体験でした。日本人ですら知らない方が多いお茶の世界の作法を、留学生の方が熱心に学ぼうとしている姿勢から、私も何か他国の文化に触れてみたいと思いました。参加する前は緊張していましたが、新しい世界に目を向けてみたらとても楽しく、充実した時間を過ごせたと感じています。またいつかこのような機会があれば、参加してみたいと思いました。

 私は今回留学生におもてなしをするという機会をいただきました。留学生にとって馴染みのない茶道を、日本の文化を理解しようと緊張しながらも頑張っている姿を見て、私自身も日本文化の美しさを知ってもらおうと思いながら、おもてなしをすることができました。また、当日の流派は、私たちが普段お稽古しているものとは違い、異なる作法も多くありましたが、会場の方々が丁寧に教えてくださり、茶道の奥深さも学ぶことができました。今回の経験を通じて、どのような場面でもおもてなしの心は大切であるということを知りました。