生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2019年度 > オールブラックスとの交流会に参加しました

オールブラックスとの交流会に参加しました 2019年09月30日

 9月20日(金)に本校生徒がラグビーニュージーランド代表「オールブラックス」の選手の方々や、アーダーン首相との交流会に参加しました。交流会に参加した生徒の声が届きました。

交流会に参加した生徒の声

 私が先生からこのお話を初めて伺った時、自分には、オールブラックスにインタビューをするなどという大きなことは出来ないのではないか、と思いました。しかし、一生に一度のチャンスなので是非とも挑戦したいと思い、交流会(*注)への参加を希望しました。
 当日、会場での質問の時間は、テレビなどでよく見る記者会見のような状況でした。たくさんの参加者が手をあげる中で、私は最後に当ててもらうことができ、3人の選手に「挫折やプレッシャーには、どのように対処するのですか」という質問をさせていただきました。「挫折から成長することができる」ことや、「周りに流されすぎないことが大切である」ことなどご回答をいただきました。
 今回の経験を通じて、オールブラックスについてより一層知ることができただけでなく、挫折などがあっても、何度もチャレンジすることが大切だということを改めて認識することができました。オールブラックスという最強のラガーマンやアーダーン首相に会うという二度とない貴重な体験をさせて頂けた事に感謝しています。

*注:交流会は9月20(金)に銀座で行なわれました。オールブラックス3選手とニュージーランドのアーダーン首相が参加されました。本校生徒の質問に対する選手の回答は、インターネットニュースでも取り上げられました。本校フェイスブックではオールブラックスのサム・ホワイトロック選手と共に歌う生徒の動画がご覧いただけます。