生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2019年度 > 沖縄自然体験教室に参加した生徒の声が届きました

沖縄自然体験教室に参加した生徒の声が届きました 2019年09月06日

 実践女子学園では、夏休み中、中学生対象に沖縄自然体験教室を行っています。沖縄自然体験教室のテーマは、沖縄ならではの自然を観察し、生物の多様性・生態系を学ぶことです。イノー(岩礁)観察、サンゴの移植、シュノーケリングを通して沖縄の海を体感し、大学生や大学院生の指導員の方によるワークショップにより、理解を深めていきます。東京湾と沖縄の海を比較しながら、自然環境についての理解を深める3日間のプログラムとなっています。この沖縄自然体験教室に参加した生徒の声が届きました。

参加生徒の声

理科ゼミ沖縄教室に参加しようと思った理由を教えてください。

沖縄についてのゼミで、シュノーケリングに興味がわき、新しいことに挑戦してみたいと思い、この理科ゼミ沖縄教室に参加しました。

参加にあたっての目標を教えてください。

 沖縄の海や生物のことなら何でも知っているようになりたいと思いました。

印象深いエピソードを教えてください。

 一番の思い出はイノー観察とシュノーケリングです。イノー観察では、サンゴがゴツゴツしてとても歩きにくかったのですが、潮だまりにかわいい魚たちを見られてとても楽しかったです。シュノーケリングは、私にとって初めての体験だったので、とてもどきどきしましたが、上手に泳げたときはとても嬉しかったです。

参加を検討している後輩へのメッセージ

 今回宿泊したホテルは、沖縄のホテルの中で一番おいしい朝食と話題のホテルだったので、朝からおいしいご飯を食べることができました。また、シュノーケリングなどの体験では沖縄の海がどれだけきれいなのかを知ることができたので、沖縄の生物に興味がある人は是非行ってみてください。