生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2019年度 > 中3移動教室に参加した生徒の声が届きました

中3移動教室に参加した生徒の声が届きました 2019年06月29日

 実践女子学園では、5月の第3週に校外学習が行われます。中学3年生は、古都京都と奈良を巡り、歴史や文化に触れ、日本への理解を深めます。今年度から友禅染や扇子の絵付けなどの体験プログラムが盛り込まれました。さらに、宿舎では海外からの留学生との交流もあり、より日本への理解を深めることができました。しおりを作成したしおり委員の声が届きました。

しおり委員の声

しおり作成として工夫した点を教えてください。

 少人数で作成するものなので、視野が狭くならないように読む人たちの目線になって考えることを基本としました。また、自分がこれまで見たパンフレットなどのデザインを見本とし、見やすく分かりやすいものになるように努めました。

この移動教室で見てみたいと思っていたものは何ですか。また、それはなぜですか。実際に見てみてどのような感想をもちましたか。

 大河内山荘を楽しみにしていました。事前に写真を見たところでは、本当に「日本庭園」という雰囲気で、そのような場所に行ったことがなかったので、ぜひともゆっくり見物してみたいと思っていました。実際に行くと、猛暑のために手短にみるだけで終わってしまいましたが、植物の葉の細部まで綺麗に整えられていて、バランスも美しく、そのような景色をなつかしく思った自分が改めて日本人だと自覚させられました。

移動教室で楽しかったエピソードを教えてください。

 宿泊所での思い出が一番です。1ヶ月前に初めて顔と名前を知った子と仲良くなれたのが個人的には一番楽しく、記憶に残っています。親睦を深めるのが目標なので、良い移動教室になったと思います。