生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2018年度 > ブリスベン海外研修に参加した生徒の声が届きました

ブリスベン海外研修に参加した生徒の声が届きました 2018年09月28日

 実践女子学園では、夏期休業中に中学3年生対象のブリスベン海外研修、高校1・2年生対象のボストン海外研修を行っています。ブリスベン海外研修のテーマは、「比較文化」であり、日本とオーストラリアの身近なテーマを比較しながら異文化理解を深める10日間の研修を行います。研修では、語学力、主体的に課題意識をもち探求する力、相互理解、コミュニケーション能力の習得をめざし、多様化する社会を切り拓く確かな力をもつ女性を目標にプログラムが進んでいきます。プログラムは、現地校の生徒との交流やホームビジット、大学での講義と学生との交流など異文化に触れ、学ぶ機会にあふれた10日間となっています。このブリスベン海外研修を終えて帰国した生徒の声が届きました。

参加生徒の声

ブリスベン海外研修に参加しようと思った理由を教えてください。

 母のすすめと、外国への興味から行くことにしました。

参加にあたっての目標を教えてください。

 事前研修の時から、聞かれた時にすぐ自分のことを説明できること、伝わらなかった時にすぐにボディランゲージができることを目標に練習しました。

印象深いエピソードを教えてください。

 やはりホームビジットの時です。最初は仲良くできないのではと不安でしたが、ホストファミリーの人たちがあたたかく、そして優しく迎え入れてくれました。この思い出はすごく印象深かったです。

参加を検討している後輩へメッセージをお願いします。

 「海外」という新しい環境は、自分の中にも新しい文化を与えてくれると思います!だから、今、少しでもブリスベン研修を考えているなら、とりあえず説明会に行ってみてください。自分がやりたいことを実現したり、少しでも興味のあることを探すための手伝いをしてくれると思いますよ!