お知らせ

トップ > お知らせ > 2021年度 > 緊急事態宣言による今後の本校の予定と方針について

緊急事態宣言による今後の本校の予定と方針について 2021年04月23日

実践女子学園中学校高等学校
父母の会会員 各位

実践女子学園中学校高等学校
校長 湯浅 茂雄

新型コロナウイルス感染症の拡大への対応として、政府は東京都を含む4都府県に4月25日から5月11日にかけて緊急事態宣言をが発出されました。
本校では、これまでの感染症対策をさらに徹底した上で、4月26日(月)より以下のような方針と対応ですすめてまいります。
また、授業時間の変更、一部行事の見直しを行います。なお、4月24日(土)の保護者懇談会は、これまでどおり来校型で行う予定です。

1 授業について
 4月26日(月)~ 通常登校
 40分短縮授業で6限14:10(月~金、土は4限11:55)まで。
 終礼後、下校。

 *クラブ活動は中止。ただし、校長の許可を得て、16:30まで活動可能。
 *補習、講座、Jサポート、自習室利用等は16:30(最終下校時間)までに終了。
 *緊急事態宣言解除の日までこの時間帯で行う予定。
 *授業は上記の予定で行いますが、緊急事態宣言が延長になった場合は、引き続き上記予定で行います。
 また、状況の変化に備えてオンライン授業の準備もしていきます。

2 感染予防対策について
 ・養護教諭が放送で、感染防止の注意を促し、換気を徹底します。
 ・検温の徹底、昼食指導も続けて行います。
 ・飛沫感染の可能性がある学習活動はより一層の注意を払っていきます。

3 行事の見直しについて
 ・5月に予定していた移動教室・修学旅行は延期とします。
 
 今後も状況の変化に応じて、適切に対応を検討してまいります。
 なお、ご家庭におかれましても感染予防と健康管理を徹底されますようお願いします。

以上