お知らせ

トップ > お知らせ > 2020年度 > 2021年度中学入試における新型コロナウィルス感染症への対応及び追試実施について

2021年度中学入試における新型コロナウィルス感染症への対応及び追試実施について 2020年11月16日

実践女子学園中学校・高等学校
校長 石野郁也

 2021年度中学入学試験における新型コロナウィルス感染症への対応について、志願者の皆様に、安心して受験いただけるよう、本校では次のように取組んでまいります。
今後、変更がある場合は随時お知らせいたします。本学園ホームページの新着情報をご確認ください。

【入試当日欠席者へ追試の実施決定】

2月1日~4日の入試欠席者を対象に、2月19日(土)に追試をおこないます。
・入試当日新型コロナウィルス感染が疑われる場合や濃厚接触者として自宅待機となっている方は、来校をせず、「追試」を受験してください。
・入試当日本校での検温で37.5度以上の方も「追試」の対象です。

【入試当日の対応】

1、試験室の受験生を25人に減らし、間隔をあけて、机・椅子を配置し密を防ぐ座席とします。
2、休み時間に換気を行います。
3、試験監督をはじめ、学校関係者全員がマスクを着用します。
4、校舎の入口や受験室前など、各所に消毒液を設置します。
5、受験室で使用する机・椅子の消毒を行います。
6、サーモグラフィーによる検温チェックを受付で実施します。37.5℃以上の発熱の場合には受験をご遠慮していただきます。

【受験生保護者へのお願い】

1、入試当日は、マスクの着用をお願いします。
2、入校時に手指と靴の足裏消毒をしていただきます。
3、付き添いの保護者の方は原則1名のみに限らせていただきます。
4、入試当日、ご自宅で検温をお願いします。37.5℃以上の発熱があった場合は、ご連絡ください。追試等のご案内をいたします。
5、入試当日を含め、定期的な検温をしていただき、必ず体調の確認を行ってください。
6、休み時間に、換気の為、窓・ドアの開放を行います。必要に応じて、上着など体温調節可能な服装をお勧めいたします。

以上