校長室の窓から

トップ > 校長室の窓から > 2021年度 > 校長室の窓から「前期の終業日に」

校長室の窓から「前期の終業日に」 2021年07月20日

(中学校・高等学校朝礼講話をお届けします)

【今、校内に咲く花】フヨウ

本日は、前期の終業の日を迎えました。
明日からは、8月31日までの42日間の夏休みに入ります。4月7日の始業式、4月8日の入学式から始まった、前期の学校生活はどうでしたか?振り返ってみてくれますか? 

4月24日までは通常の授業や部活、委員会活動、行事ができましたが、それ以降は、新型コロナ感染症の拡大によって、緊急事態宣言や蔓延防止等特別措置が発令されて、短縮授業や部活の制限、行事の延期など、制限の多い学校生活をお願いしてきました。



そんな中で、皆さんは精一杯、頑張ってくれたと思います。先日も、第1回オープンスクールに来場されたお客様からの、皆さんへのお褒めも言葉を紹介させてもらいましたが、その他にも、皆さんの沢山の頑張りがあったと思います。皆さんが、のびのびと笑顔をもって頑張っている姿を見ていると、私は皆さんに励まされていると感じます。皆さんは私の自慢の生徒さんたちです。

今日は、前期の通知表が渡されますね。通知表は教科の学びについての、前期の評価結果です。思い通りの評価が得られなかった教科については、そのままにしないで、前期の内容をよく振り返って、夏休み中に弱点を必ず補って欲しいと思います。

また、学校からの通知表だけでなく、前期のご自分の生活を振り返って、いわば「心の通知表」を作ってみてください。たとえばですが、授業には真剣に取り組みましたか?真剣に取り組んでも結果が出るとは限りませんが、真剣に取り組まなければ何も始まりません。きちんと挨拶はできましたか?周りのご家族やお友達の立場に立って思ったり、考えたりできましたか。逆に周囲の人から、思いやりをいただいたとき、感謝の気持ちを表現できましたか?困っているお友達に声をかけてあげられましたか?約束は守れましたか?人が見ていないからといって、自分の良心に反する行動はしませんでしたか?などなどです。これらは点数で測ることは出来ませんが、とても大切な通知表です。皆さんが人としての財産を築くことになる「心の通知表」です。

【今、校内に咲く花】ヒオウギ

皆さんとって、素晴らしい夏休みになることを願っていますが、新型コロナ感染症の急拡大が止まらないことが気がかりです。夏休みには、何よりも感染防止と熱中症対策に努めて、健康第一に過ごしてください。同時に、普段出来ないことに、是非チャレンジして欲しいと思います。ただし、あまり欲張らずに、目標をいくつかに絞って、着実に成果をあげてください。では、9月1日、後期の始業の日に、元気な顔を見せてください。楽しみにしていると思います。良い夏休みをお迎えください。