生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2018年度 > クレディセゾン本社でプレゼンをしました

クレディセゾン本社でプレゼンをしました 2018年07月06日

 クエストカップ2018(詳しくは生徒の活動レポートの2017年度3月16日の内容をご覧ください)で、クレディセゾン賞をいただいたチーム「Five Saison」のメンバーが、去る6月22日(金)にクレディセゾンの社員の方々の前でプレゼンテーションを行いました。生徒たちは多少緊張をしていたようでしたが、楽しんでプレゼンを行っていました。プレゼン後には社会の先輩としてのコメントやアドバイスをいただき、普段の授業等では聞くことのできない様々な視点や観点からの意見、そして社会を経験してきている人の落ち着きや大きさを肌で感じることができ、生徒にとって大変刺激的で印象に残る経験になったと思います。プレゼン後には社員の方々との交流会、その後サンシャインシティ52階のクレディセゾン本社の見学ツアーをさせていただきました。生徒にとってとても有意義な機会・経験でした。今回の経験を糧にし、今後より一層成長していってほしいと思っています。

Five Saisonのメンバーの声

・社会人としての、そして企業の立場からの考え方や意見を聞き、これからどんなことを考慮して考えていかなければならないのかということを勉強することが出来ました。
・『何かを企画する』ときに必要とされるのは、あらゆる観点から物事を考えることが大切なのだと感じました。
・プレゼンの後に企業の方が『私たちを雇いたい』と言ってくださり、今までやってきたことへの充実感を感じました。
・私たちの世代は、分からないことがあるとすぐに検索することで答えを求めてしまいます。でもこのプログラムを通して、自分で考えること、周りの人たちの意見をもとに考えの幅を広げていくことの大切さを学びました。
・このプログラムをやってきて、自分で考えることが大切であること、意見をまとめる大変さ、そして自分たちの意見を他人に伝える難しさなどを学ぶことができました。
・人に伝えることの難しさや、人に伝えるプレゼンの仕方も学ぶことが出来ました。この経験を活かし、今後社会でも活躍できるよう頑張りたいです。