入試案内

ここでは、実践女子学園に興味を持って頂いた方に役立つ情報を掲載しています。
また、教育内容をより深くご理解いただき、かつ、学内の雰囲気を体感して頂くために、 各種の説明会・オープンスクール・公開行事を実施しています。

トップ > 入試案内 > 入試Q&A

入試Q&A

実践女子学園Q&A ~お問い合わせの多い質問を、内容ごとにまとめました~

入学試験関係について

入学試験に関してお問い合わせの多い質問を、内容ごとにまとめました。

全て開閉する

願書受付の場所はどこですか。

本校の中・高事務室(記念館1階)で受け付けます。各回とも郵送での出願も可能ですが、郵送の場合は、出願締め切り日の消印までを有効とさせていただきます。

早い受験番号を取ることで有利になることはありますか。

受験番号は合否には一切関係ありません。

通知表のコピーは合否にどれくらい影響があるのでしょうか。

通知表は、成績や出欠席の状況を確認するための参考資料として使用し、これで直接合否を決めることはありませんのでご安心ください。

科目ごとの不合格点はありますか。

ありません。

通学距離が遠い場合、不利になることはありますか。

通学距離は合否に全く関係ありません。

追加合格はありますか。また、その連絡はどのように行われますか。

追加合格は毎年出すわけではありませんが、ある場合には電話にて連絡を差し上げています。

帰国生入試は一般入試とどこが異なりますか。

学科試験に関しては、一般入試、帰国生入試、GSC入試すべて同じ出題傾向、同じレベルです。ただし、帰国生入試は50点満点で試験時間30分のため、問題量は一般入試のほぼ半分になります。他に、帰国生入試には面接があります。面接は保護者同伴で約10分です。

どのような受験生を求めていますか。

本校は「堅実にして質素、しかも品格ある女性の育成」を教育目標とする伝統女子校です。勉強はもちろん、クラブ活動や学校行事、躾も重視した全人的な教育を行っており、こうした教育方針や伝統をよく理解し、賛同していただける方の入学を望んでいます。詳しくは、「求める生徒像」をご覧ください。

説明会以外の日に個人的に学校を見学することはできますか。

基本的には学校説明会に参加していただくことをお勧めしますが、どうしてもご都合が合わない場合は、個別の学校見学も受け付けています。事前に電話(TEL:03-3409-1771)で予約をとってください。ただし、広報担当の教員の校務に支障がある場合は日時の調整となりますので、ご希望通りにはいかない場合があります。