生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2017年度 > クエストエデュケーションカップで企業賞を受賞しました

クエストエデュケーションカップで企業賞を受賞しました 2018年03月16日

 クエストエデュケーションカップ全国大会で、企業賞を受賞しました。クエストエデュケーションは、全国150校約2万人の小中高生が取り組んでいます。実在の企業や社会を題材に、答えのない課題に取り組み、仲間と共に話し合い、考え抜き、生み出した探求の成果を、プレゼンテーションで社会に向けて発信するという企画です。その中で、実在の企業から出されたミッションに答える「コーポレートアクセス」部門において、本校出場のグループであるFive saizonが企業賞をいただきました。企業賞は、クレディセゾンのミッションにおいて最も優れた企画であるという賞です。出場したFive saizonのメンバーからの声が届きました。

Five saizonの声

クエストエデュケーションに取り組んでよかったことを教えてください。

・このような答えのない課題に取り組むことで、日常ではあまり考えることの無いことを約1年間を通して思いっきり考えることができました。1人では完成できなかったことをチームで取り組むことであらためてチームの大切さを実感し、本当にこのプロジェクトに取り組んでよかったと思います。

・企業についてよく知れたし、ミッションの1文字1文字について深く考えてアイデアを出そうと夢中になることで、物事をいろいろな視点から見る力が少しついたかなと思います。プレゼンの態度やパワーポイントの使い方など知ることができてよかったです。

この経験を通して成長したこと、感じたことを教えてください。

・答の無い課題に取り組むことの大変さ、そして何よりも“あそぶ”大切さを知りました。“よくあそべ”という課題に悩まされましたが、皆で集まって協力していくうちにたくさんの課題を乗り越える力がついた気がします。

・はじめはただ頭に浮かんできた意見や案を発言しているだけでしたが、このプロジェクトによって社会のことなど様々な立場や視点から考えることで、将来社会に出たときに考えなければならない「汎用性」について知ることができたと思います。

・パワーポイントの使い方をいろいろ学ぶことができました。人に伝えるために大切な事を相手の視点に立って考え、発表に取り入れることの大切さを学べ成長できたと思います。

クエストエデュケーションによせて

・発表することはとても緊張していたのですが、このような機会を与えてくださったことで「プレゼン力を高める」という新しい目標を立てることができました。

・企業について知り、企業が大切にしていることを感じ取りそれを発表に取り入れる、ミッションの1文字1文字を大切にして向き合うなど良い企画を作り上げているために大切な事を知ることができました。すごく難しかったし、嫌になったこともありましたが、完成したものを自分たちで一生懸命伝え、評価を頂くことができ大きな達成感を得ることができました。

全国大会に出場して

・発表は緊張というよりも楽しいという気持ちが多くありました。今まで頑張ってきたことを皆に、企業な方々に見せたいと思い、一番いい発表ができました。企業賞を取った時には嬉しさと驚きで涙が出てくるほどでした。

・今回このような全国大会に出ることができ、また企業賞を取ることができたのはこの5人がいたからこそできたことなのではないかと思います。全国大会に出場していたいろいろな学校のプレゼンが自分たちとどこが違っていたのか、どういうところがプレゼンにおいて大切なのかを知ることができました。高校1年生でこのような実際の社会に出たような体験を与えてくださったことに感謝して、この経験が無駄にならないよう日々過ごしていきたいです。

・はじめ、先生から全国大会のお話を聞いたとき、本当にびっくりして同時に焦りと不安でいっぱいでした。企画を進めていくうえで委員会メンバーが多く、全員で話し合う機会が少なかったですが、休み時間や放課後に時間を出し合って過ごした時間はすごく濃く深いものだったと思います。当日、発表を終えた後の企業の方々の顔が、今でも忘れられなくて、本当にクエストをやらせていただいてよかったなと思いました。

出場生徒の保護者の方からのメッセージ

自分達の考えを自信を持って相手に伝えようとする彼女たちの真剣な姿は凛々しくとても堂々としていました。発表の内容もとてもすばらしいものでしたが、彼女達の立ち居振るまいのすばらしさや、礼の美しさにとても感心致しました。
 
 10代ならではの斬新な視点から捉えた的確な提案内容、音楽や小物を取り入れるなど工夫を凝らした優れたプレゼンテーション共にクオリティが高いものでした。途中のPCトラブルにも動じずに、生徒たちはよく頑張っていたと思います。
 
 企業賞受賞おめでとうございます。日本全国から多数の生徒が参加するなか、賞を獲得することができたのは、生徒たちの頑張りはもちろんですが、サポートいただいた先生方の御力も大きいことと思います。クレディセゾンの社員の方々も、生徒達の発表に感心して、すぐにでも採用したいなど嬉しいご意見をいただき、本当に良い経験ができたと思います。

担当教諭の声

半年前、取り組み始めた当初とは別人のように、生き生きと話し合う生徒たちはとてもたくましくなっており、また、中高一貫校だからこそですが、中学の時の様子も知っている子たちがこんなにも成長し、間近でぐんぐん成長していく様子は本当に感動しました。
 当日、2ndステージでは機械トラブルもありましたが、その後の対応も見事で、全国の大舞台で動揺を見せず最後まで堂々としていた姿は輝いてみえ、大人でもなかなかできるものではない素晴らしいプレゼンテーションでした。
 プログラミングや情報機器の活用はもちろん、これからの時代は様々な視点から、それぞれの成長過程の中でより柔軟な発想をどう形にして自分たちを表現していくか、そして新しい時代をリードしていくかが問われると思います。全国大会の後、審査していただいた企業の方をみて、「あんなふうに輝いて働いている人になりたい」といっていた言葉は印象的でした。彼女たちのこれからの一層の成長を期待しています!