生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2018年度 > クエストカップ全国大会に出場しました

クエストカップ全国大会に出場しました 2019年03月18日

 クエストエデュケーションは全国150校約2万人の小中高生が、実在の企業や社会、先人を題材に答えのない課題に取り組み、仲間と共に話し合い、考え抜き、生み出した探求の成果を、プレゼンテーションで社会に向けて発信するという企画です。その中の、実在の企業から出されたミッションに答える「コーポレートアクセス」部門において、本校のSHIBUYA☆SAISONが今年度もまた連続して全国大会に出場しました。

担当教員の声

 半年前、取り組み始めた当初とは別人のように、生き生きと話し合う生徒たちはとてもたくましかったです。本校は中高一貫校なので、中学生当時の生徒の様子も見てきています。その子どもたちがバイタリティ溢れる行動力で、成長し続けていく様子は感慨深いものがあります。
 当日はかなり緊張していたようですが、全国の大舞台で動揺するそぶりも見せず、みな堂々としていました。そして最後まで楽しんで発表し、素晴らしいプレゼンテーションの出来だったと思います。
 これからの時代は、様々な視点に立ち、より柔軟な発想をどのように形にして自分たちなりの表現をしていくか、そして新しい時代をリードしていくか が問われると思います。全国大会の後の座談会で、審査していただいた企業の方と談話をしている彼女たちの姿は、まさに将来世界を引っ張っていく若き力となることを感じさせてくれました。彼女たちのこれからの一層の成長を期待しています!