生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2018年度 > 祝 成人の会が行われました

祝 成人の会が行われました 2019年01月28日

 1月14日(月)に「祝 成人の会」が行われました。今年も多くの卒業生が参加し、大変にぎやかな会となりました。卒業学年の学年主任からの声が届きました。

学年主任の声

 1月14日(月)成人の日、卒業生たちが久しぶりに母校へ揃って戻ってきました。色とりどりの振袖姿の卒業生たちは久しぶりの旧友との再会を心から楽しんでいました。実践桜会主催の「祝 成人の会」は今年で7回目を迎えました。実践女子学園高等学校を卒業後、卒業生たちは約2年後のこの日を待ち望んでいたことでしょう。約9割の卒業生が集まり、大変賑やかな会となりました。
 第1部は井原理事長、髙橋校長、鈴掛実践桜会理事長からの祝辞があり、その後は中学1年生から6年間の写真をスクリーンで鑑賞しました。あどけない表情の写真が大写しになると、懐かしさから大歓声が沸き起こっていました。その後は久しぶりに校歌を合唱し、全員で記念撮影。講堂2階席から全員が収まる、豪華な写真になりました。第2部はカファテリアに移動し、立食パーティーが行われました。食べきれない程の料理とお祝いでいただいた物などが並び、友達や、教員たちとの懐かしいひとときを過ごしました。
 このハレの日、この時間を卒業生たちと一緒に過ごせたこと、この歓喜の場に居られたことは教師冥利に尽きる一日でした。卒業生の皆さん、ますます洗練され、素敵な女性となってゆくことでしょう。これからも豊かな感性をますます研ぎ澄まし、未知の世界を切り拓くイノベーターとして活躍することを願っています。