生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2018年度 > 中学対面式が行われました

中学対面式が行われました 2018年04月12日

4月9日(月)に中学対面式が行われました。在校生代表の中3生徒と新入生代表の中1生徒の声が届きました。

中3生徒の声

対面式とはどのような式ですか。

 新入生と中2・3年生が初めて対面し、ただ新入生と対面するのではなく、中2・3年生が温かく迎え入れ、新たな全中学生生徒のはじまりの式です。

実践女子学園中学校に入学したときの心境を教えてください。

 周りには初めて出会う人ばかりで、自分に友達ができるのかという不安や緊張をもつ反面、小学校の頃とは大きく違った環境をどこか楽しみに思う気持ちがありました。初めはセーラー服がとても新鮮でした!

中学1年生に学習面、生活面のアドバイスをお願いします。

 中学1年生のみなさん、中学になると、科目ごとに担当の先生が分かれるようになります。今までよりも、学ぶことが沢山増えると思いますが、各自で教科ごとに管理することが大切だと思います。そして、新しく始まる部活動と勉強を両立できるように頑張ってみてください!中3の私でも、これはとても難しいです。ですが、これをクリアして、一緒に素敵な学園生活をおくりましょう!

中学3年生として1年間の抱負をお願いします。

 中学校の中で最高学年となりました。今まで先輩に頼っていたことも、次からは自ら考え、行動することが増えると思います。先生に言われなくても自分から行動する、そして次は何ができるのかまで考えることができるように、この1年間精一杯頑張りたいと思います。

中1生徒の声

入学した現在の心境を教えてください。

 初めての女子校、広い校舎。まだ不安はありますが、制服を着て実践に通えることがうれしいです。先生、先輩方がやさしく、緊張はだいぶなくなりました。

実践女子学園中学校の魅力を聞かせてください。

 対面式のとき、先輩のおじぎがとてもきれいで、すてきだと思いました。日本の文化や礼法をしっかり学べる、そして身についていくことに魅力を感じました。

これからの学校生活でどのようなことを頑張りたいですか。

 ひと学年の人数がとても多いので、たくさんの友達をつくり、色々な話をして、友達の輪を広げたいです。行事もたくさんあるので、クラスで力を合わせ、全力で頑張りたいです。