生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2017年度 > スピーチコンテストが行われました

スピーチコンテストが行われました 2018年03月05日

 2 月19日(月)にスピーチコンテストが行われました。スピーチコンテストは高校で行われている行事で、全生徒が日頃自分が感じていること、考えていることをもとに原稿を書き、クラス内発表を行います。クラス代表となった生徒は、日本人教員、ネイティブ教員の指導の下、スピーチコンテスト本番に向けて練習を重ねます。また、スピーチコンテスト委員も、プログラム作成や会場設営などの準備を進めます。コンテスト中はすべて英語で進行するので、司会の練習などもあります。スピーチコンテスト委員長の声が届きました。

スピーチコンテスト委員長の声

スピーチコンテストはどのような会か教えてください。

 各クラスの代表として選ばれた生徒が自分で考えたスピーチを英語で発表する会です。生徒全員が自分の興味、関心のある内容のスピーチを英語で考えるので、楽しみながら英語を学ぶことのできる良い機会だと思います。

どのような会にしようと心掛けて準備をしてきましたか。

 昨年も委員会に入っていたので、昨年の反省をいかし、生徒全員が楽しむことのできるよりよい会にすることと、スピーカーが話しやすい環境を作れるように心掛けました。

当日の印象的なことを教えてください。

 リハーサルなどで何度も代表の人たちのスピーチを聞いていましたが、全員の本番のスピーチが、練習の何倍もいきいきとしていたことです。

実行委員長として学んだことを教えてください。

 最初は、委員長だからうまく皆をまとめなければなどと色々なことを考えていましたが、多くの先生方、そして委員会の皆の協力、支えがあって会を成功させることができました。どんなことでも自分ひとりの力ではなく、多くの力があってこそうまくいくのだということを学びました。

発表テーマ

・「Open the Door」
・「Seize the Day」
・「English Education in Japan」
・「How to Be Better」
・「The Important Thing in your Life Is To Go Abroad Once」
・「Why Cats Are Great!!」
・「Good things about Japan」
・「How to Be Fulfilled」
・「What We Need for Hosting the Olympic Games」
・「War on Elephants」
・「How People Are Different」
・「Teammates」
・「Are We Living in Truly Kind Country?」
・「Coexisting with Mobile Phone」
・「To Be Proud of your Hometown」
・「Learning English in Japan VS Learning English in a foreign country」
・「Music Has No Borders」
・「The Rainbow Flag」