生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2017年度 > 学部ガイダンスが行われました

学部ガイダンスが行われました 2017年11月24日

 11月17日に高校2年生を対象に学部系統別ガイダンスが行われました。
 大学より講師をお招きして、各専門分野の模擬講義をしていただきました。生徒たちは、法学・政治、経済・経営、文学、外国語、国際、工学、薬学、看護など14あるコースの中から希望講座を選び、聴講しました。大学ならではの専門的な話に大いに刺激を受けたようで、熱心にメモを取りながら聞いていました。また、将来の大学生活や職業のイメージをより具体的にふくらませることもできたようです。

高2生徒のレポートから

看護・医療コース聴講生徒

 今回の授業では主に“地域看護”についてお話してくださいました。看護師というと病院で働いているイメージでしたが、実は病院外の様々な場所で、そして地域に寄り添っているということを初めて知りました。これからどんどん「看護師の外部化」が進むそうなので、一口に看護師といってもどのような役割があるのかをよく調べていきたいと思いました。人の命を預かる尊くも責任のある職であるので、よく考えて選択したいと思います。

国際コース聴講生徒

 私はこの講義を通して国際化について深く考え、知識を増やすことができただけでなく、大学でどんな力が求められるのかも改めて知ることができました。今まで日本人という視点でしか国際化や多文化共生について考えたことがなかったのですが、日本人になりたい外国人の視点で多文化共生を考えるとまた違った見方ができると分かりました。              

心理コース聴講生徒

今回の講座を受けて、心理学は実験や統計などのデータ分析が重要で意外と理系に近いというのに少し驚きました。また、私達が生活している中に心理学は幅広く応用されていることを知り、胸が高鳴りました。講師の方が心理学を学ぶのにお薦めの本を紹介してくださったり、就職先のことなども教えていただいたので、心理学部に対する考え方の幅が広がり、今後の選択に生かしていきたいと思いました。