生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2017年度 > 高校バレーボール部の9・10月の活動報告

高校バレーボール部の9・10月の活動報告 2017年11月20日

高校バレーボール部から9・10月の活動報告が届きました。

10月練習試合月間

 11月3日と5日に開催される新人リーグ戦を1ヵ月後に控え、毎週日曜日練習試合を行いました。10月1日は都立千早高校にて都立千早、都立成瀬、富士見、都立つばさ総合との5校戦に参加、その翌週9日午後には本校体育館にて、富士見高校と、そして22日には都立練馬高校にて都立練馬、都立大森、都立武蔵丘と対戦しました。22日は台風の接近に伴い半日で終了しましたが、それぞれ夏休みに積み上げた練習の成果を試すには絶好の機会となりました。

ときわ祭招待試合 東京女学館中学高等学校をお招きして(10月28日)

 例年開催されている本校文化祭のときわ祭。例年、バレーボール部は午後から中高ともに近所の東京女学館中学高等学校を招いて招待試合をしています。女学館とは非常に長い年数をかけてお付き合いを続けており、中学生は11月に女学館の文化祭にも招かれます。
 またこの日の午前中は、実践の教職員をお招きして「教員vsバレー部」という催し物を開催しています。これは、6年間バレー部として活動した高校3年生が、有志で参加してくださった教員と対戦するというものです。結果は高校3年生チームの勝利。終始和やかで、笑いあり、スーパープレイありの明るいゲームとなり、本校生徒と教員の距離の近さを実感できるイベントとなりました。

   高3を応援する現役チーム

校長先生にも参加していただきました