生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2016年度 > かるた大会 中2優勝者・優勝クラス実行委員からのメッセージ 

かるた大会 中2優勝者・優勝クラス実行委員からのメッセージ  2017年01月22日

あけましておめでとうございます。

実践女子学園では1月10日に中学でかるた大会が行われました。今回、かるた大会で良い成績を収めた中学2年優勝者のY.T.さん、優勝クラスの委員であるA.N.さんとY.S.さんからメッセージを頂きました。

優勝クラス委員 A.N.さんとY.S.さんからのメッセージ

実行委員になろうと思った理由

みんなの役に立ちたいと思ったからです。
それに、昨年のかるた大会のとき3位を取ったので、
またいい成績を取りたいと思ったからです。

具体的な仕事内容

委員としては積極的に練習を進めて、クラスのみんながより多く覚えることができるように
覚え方に工夫をしました。
例えば、1から覚えるのではなく、1枚札を覚えるなどしました。

優勝した感想と、当日の獲得枚数

平均獲得枚数:17.6枚
私たちのクラスは、平均17.6枚という数で優勝しました!
クラスのみんなによると、昨年より多く取れたという人がほとんどで、
みんなそれぞれのゴールを達成できたと思います。

今回の勝因

5組の中で1枚も取れなかった人がいなくて、10枚以上取れた人がたくさんいたからだと思います。

印象深いエピソード

私は今回が初めてのかるた大会で、とても緊張していて不安もたくさんありました。
でも、思っていたよりも楽しかったです。同じ札を同じタイミングで取ってしまった時、
じゃんけんで決めることになっていたのですが、4回全て負けてしまったことが悔しかったです。

好きな一首とその理由

    朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに
         吉野の里に ふれる白雪    坂上是則

私の名前が入っていて覚えやすいからです。

    ちはやぶる 神代もきかず 竜田川
          からくれなりに 水くくるとは    在原業平

この俳句の意味がとても好きだからです。

かるた大会の魅力

日本の伝統の遊びの1つができて、とても貴重だと思います。
それに、クラスの人とやるので、新たな友達ができることです。

優勝者 Y.T.さんからのメッセージ

優勝した感想と、当日の獲得枚数

楽しく取り組めて、結果も良かったのでとても嬉しかったです。「めぐりあひて」は一字決まりで狙っていたところ、ピッタリのタイミングで飛び出すことが出来ました。勢いのあまり札を飛ばしてしまいましたが、
今回1番の取りでした。
それからラスト2枚が「春の夜の」と「夏の夜は」で、どちらも夜明けに向かう歌なので、新年にふさわしい素敵な偶然だと思いました。

獲得枚数:78枚
お手つきを2回もしてしまったことが心残りです。
しかし、札が減っていくにつれ、全ての札の位置を暗記することが出来ました。
また、暗記のお陰で決まり字が読まれたと同時に、無駄な動きをせずに、
札に手を伸ばすことが出来たので良かったです。

百人一首を覚え始めたきっかけ

小学校低学年の頃に、母親に貸してもらった百人一首の漫画にはまり、
私も競技かるたをやってみたいと思い、札を買い覚え始めました。

好きな一首とその理由

    由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え 
          ゆくへも知らぬ 恋の道かな    曾禰好忠     

舟と恋の行く末をかけていて、情景と心情がどちらも表現されているところが好きです。
好きな漫画の主人公たちが全国大会初優勝を決めた時の運命の1枚であったことも、
印象に残っている理由です。

あなたにとって百人一首とは

当時アメリカにいた私にとって、日本や日本語を身近に感じられる大事な遊びだったと、
今になって思います。また、古語に慣れていたことで古文の勉強に役立ったり、
暗記や集中も勉強やスポーツに活きていると感じています。

みんな真剣

見やすさも大事