学園・学校紹介

1世紀以上にわたって、
こだわりある女子教育の伝統を築いてきた実践女子学園。
その伝統に貫かれた実践女子学園の信念をお伝えします。

トップ > 学園・学校紹介

校長からのメッセージ

実践女子学園中学校高等学校
校長 高橋 基之

社会で活躍する人材を育てる

 私たちは、生徒一人一人の将来の生き方に責任をもつ覚悟で日々の教育にあたっております。沢山の同窓生が活躍する伝統校ならではの教育は大切にします。その上で、大きく変革する渋谷の地とともに、実践女子教育もより良く変革しながら、今後、生徒一人一人が、自らの未来をしっかり切り拓いていかれるよう、教職員一同、一丸となって生徒への最大限の指導、支援に当たってまいります。

本学園は、女子教育の先駆者である下田歌子によって明治32年に創設されました。

「堅実にして質素、しかも品格ある女性の育成」

 下田歌子が願った生徒の未来は、生徒一人ひとりが、仕事と家庭を両立するための高い社会的スキルと、将来を生き抜く強い人間力を獲得し、高い志と品格をもって、自らの生きる道を切り開いていくことです。

 その教育方針を具現化させるため、本学が育成すべき5つの女性像を以下のとおり定めました。

 沿革 

  ・好奇心を持ち、多くの事を吸収していく透明性と学ぶ意欲に溢れる生徒
  ・勉強はもちろん、クラブ活動や学校行事などにも熱心に取り組む生徒

 

社会で活躍する卒業生

お互いに尊重しあえる友人と出会えたことは、人生の大切な財産です。
中学高校と大切な時期を、穏やかで明るい落ち着いた環境で過ごさせていただいた事に、今改めてとても感謝しております。

 

3つのゼロミッション

3つのゼロミッション

3つのゼロミッション