生徒の活動レポート

トップ > 生徒の活動レポート > 2018年度 > 初釜が行われました

初釜が行われました 2019年01月21日

 1月15日(火)に中高茶道部の初釜が日本文化実習室で行われました。初釜とは、新年最初のお茶のお稽古のことをいい、実践女子学園では毎年お茶の先生方をはじめ、卒業生の方々、茶道部生徒が参加します。参加した茶道部員生徒の声が届きました。

茶道部員生徒の声

 会の最初に副部長の言葉に合わせ、先生方に新年の挨拶をしました。初釜では、普段見ることのできない綺麗なお道具に囲まれ、一年の初めに先生のお手前を拝見できます。そして、初釜定番の「花びら餅」とお干菓子・お抹茶をいただきました。とても美味しかったです。
 また、お稽古を重ねた生徒は、奥のお席でお濃茶もいただき、先生のお点前を間近で拝見できました。細かい所作まで丁寧で、お湯を注ぐときの指先まで美しい、先生方のお点前に感動しました。初釜で学んだ緊張感や作法を活かし、今年もお稽古に励みたいです。