校長室の窓から

トップ > 校長室の窓から > 2016年度 > 中3総合学習プロジェクト学年発表会

中3総合学習プロジェクト学年発表会 2017年02月24日

 中学3年生は、後期の総合学習の時間を使って(8時間)、課題に取り組み、本日、その成果を発表することとなりました。

 (株)JTBコーポレートセールス様から2名、(株)リクルートマーケテイングパートナーズ様から2名、(株)ベネッセコーポレーション様から2名の皆様が審査員としてご参加くださいました。また、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会委員でもある本大学の深澤教授にもご参加いただき、生徒たちもたくさんの刺激をいただくことができました。

 中3-5(GSC)のテーマは「あなたはプロの経営コンサルタントです。グローバル企業で実際に起きている異文化問題を解決しょう!」でした。

 ①「Managing a Diverse Force in Indonesia」
 ②「Conscience or the Competitive Edge?」
 ③「MalaysianーGerman Chamber of Commerce and Industry」
 ④「The Careless Collaborators」
 ⑤「A Cultural Clash in the Entertainment Industry」
 ⑥「Yutaka Nakamura: A Foreigner in His Native Land」
 ⑦「A Candidate for Saudi Arabia」

 各グループ、ユニークな視点からの提案に、会場のあちらこちらで盛り上がっていました。

 中3-1,2,3,4,6,7のテーマは「あなたは渋谷区長です。2020年、国際都市「渋谷」を訪れる外国人に、happy になってもらおう!」でした。

 ①「未来の自分たちが、未来のためにできること」
 ②「まつりだヨ!全員集合!!」
 ③「顔を盛る前に心を盛ろう~みんながみんなに優しい町~」
 ④「Make a happy by hands 」
 ⑥「つながる渋谷・つなげる渋谷」
 ⑦「体験型日本町~何回来ても飽きない楽しさ~」

 こちらは2クラス合体して、コーディネーターにW.D教諭が入る学びの展開でした。

 どちらも正解のない答えに向かい、たくさんのアイデイアを出し合ったり、今まで見せたことのない自分をさらけ出したり、色濃い授業を展開していったようです。途中、インフルエンザで学級閉鎖になったクラスもあり、W.D教諭もインフルエンザ罹患というアクシデントもありましたが、素晴らしいまとめをすることができました。

 この学びを是非、様々な場面で活かしていってほしいと思います。