校長室の窓から

トップ > 校長室の窓から > 2016年度 > 立春を過ぎ…

立春を過ぎ… 2017年02月09日

 「立春」を過ぎ、少しずつ春に近づくのかと思いきや、今日は白いものまで舞い降りてきています。

 三寒四温は、元々は冬の季語として使われていたようですが、この時期にぴったりの表現だと私は思います。指を数えて、「温」を期待してしまいますが、なかなかやってきません。しかし、校内のあちらこちらに、春が・・・。