教育内容

校祖下田歌子は、女性の社会的自立をめざして本学園を創立しました。
彼女の願いは、生徒一人ひとりが、仕事と家庭を両立しうる高い社会的スキルと、将来を生き抜く強い人間力を獲得し、高い志を持って自らの生きる道を切り拓いていくことです。1世紀を超えて変わらぬ本校の教育姿勢となっています。

トップ > 教育内容 > 実践女子の教育

実践女子の教育

4つの実践女子の教育

教育方針で述べた「実践女子学園が育成すべき5つの女性像」を実現するため、特徴のある4つの実践女子の教育を行います。

探究女子教育

人と対話し、思索を深め、探究する女子へ。

体験したこと理解し上手に伝えること、様々な法則や意味内容を解釈し、説明し活用すること、課題について、解決のための手順を考え実際に活動すること、情報を分析し、行ったことに評価を与え、正しく述べること、互いの考えを伝え合い、自分と集団の考えを発展させることといったような言語活動の充実を図るためには、判断力・思考力・表現力の3つの力が必要です。
判断力・思考力・表現力は基礎的な知識・技術を習得し、それを活用して「課題解決」のために必要な力となります。それが深い学びのプロセスへとつながります。
各教科の目標を達成するためにはこの、言語活動の充実が必要不可欠となります。実践女子学園では言語活動の充実を図り、人と対話し、思索を深め、探究する女子となる教育を行います。

クエストエデュケーション(高校1年生 情報科の授業)

実在の企業にインターンシップし、市場調査アンケートなどを行い、その会社のことをよく調べます。その後、企業からのミッションを受取り、各グループが論理立ててプレゼンテーションを実施します。
生徒が苦労するところは、ミッションに対して自分たちなりの答えを出すところ。「模範解答」がない答えを自分たちで導き出していき、自分たちなりの答えをプレゼンテーションします。どのグループもイメージしたものや、自分たちの提案が聞いている人を説得できるようにプレゼンテーションの原稿をつくっていきます。

全教科で言語活動の充実
  • 英語科:ペアワーク、スピーチコンテスト、Englishセミナー
  • 国語科:「小論文」添削指導、聞き取りトレーニング
  • 社会科:グループワーク、ディベート、プレゼンテーション
  • 情報化:クエストエデュケーション(企業探究)
  • 理科ゼミ:中3生に1年間(実験、沖縄自然体験、講演)
  • 数学ゼミ:高1・2生に数学的思考能力の育成

ICT女子教育

情報を適切に生かし、思考や表現に、ICTを活用できる女子へ。

電子黒板やタブレット端末など「ICT機器」の導入とそれらを効果的に活用するための環境整備を進めています。

各教教科でのICT活用

調べ学習、実験シミュレーション、ネット活用、論文作成など。資料画像や動画を用いた説明でスムーズな理解を深めたり、生徒がタブレット端末に書き込んだ画像を電子黒板に一斉表示して共有するなど、時代にフィットした効果的な学びによって、他者の考えや価値観に触れたり、自分の考えを的確に表現する力を身につけることが期待されます。

充実のICT設備
  • 普通教室すべてに「電子黒板」を設置
  • 情報教室(45台のPC設置)が3教室
  • 大型モニターとiPadを50台設置の教室
  • 120人収容のICTプレゼンルーム

グローバル女子教育

凛として、世界を視野に、自立し行動する女子へ。

多様化する社会だからこそ、自身の文化に誇りを持ち、同時に相手の文化に共感する優しさが必要となります。積極的に国際理解を深め、自らの将来を切り拓くことのできる女性の育成を目指します。

身近な視点で社会をとらえ、世界の扉を開く

中国、タイ、ドイツ、ヨーロッパをはじめ世界各国から受け入れている留学生による自国文化紹介、高校1・2年生全員が自分の興味のあるテーマについて調べ英語で発表し、クラスの代表者が競い合うスピーチコンテスト、世界の第一線で活躍する方をお招きするゲスト講演を聞き、世界で起こっている事柄を間近に感じるなど、異文化を理解し、日常の体験で社会をとらえ、生徒が世界に関心を向けることができる機会を持ちます。

留学生による文化紹介

NASAゲスト講演

スピーチコンテスト

国際社会おける多様な生き方を知り、自分の未来をデザインする

10日間の海外研修や長期・短期の留学制度は、国際理解を深め自分の将来を考えるきっかけを与えてくれます。
海外の大学へ進学を希望する生徒への支援も充実しています。アメリカ3大学(アルフレッド大学、ベイバス大学、ウエスタンミシガン大学)への推薦入試制度もあります。

全校生徒に徹底した英語教育
  • 少人数英語授業(2クラス3展開)、レベル別授業の実施
  • ネイディブ教員総勢11名をそろえる恵まれた環境
  • オンライン英会話を、高1生は毎週1時間、希望者にも開講
  • 英検、GTEC、TOEFL、TEAPなどの資格取得の講座多数
多彩な海外研修と交換留学制度、海外進学も多数
  • 海外研修:中3で豪ブリスベン、高1・2で米ボストン
  • 交換留学:1年留学・派遣留学・交換留学(米・ドイツ・中・タイ)

感性女子教育

文化や礼法を学び、自己表現でき、感性豊かな女子へ。

教科教育や学校行事、クラブ活動など、すべてが感性を磨くための学びであり、豊かに表現する場です。

女性の品格

本校では生徒全員が礼法を学びます。礼法は単に作法を学ぶのではなく、人を敬い配慮する「心」を「型」で表現するものです。日本の美しい礼法は、グローバル社会にあってひときわ輝きを放ちます。
また、中学1年次には日本文化実習があり日本古来の茶道、華道(桂古流)、華道(小原流)、筝曲(山田流)、筝曲(生田流)、和装着付、仕舞の7種類の中から1つを選び、日本文化の素晴らしさに触れる機会を持ちます。
校祖下田歌子の著作「女子の修養」を読むことも感性を育てるために必要なことです。朝学習では「女子の修養」をもとに、凛として生きる女性とはどのようなものかを学びます。

日本文化を身につける
  • 「日本文化実習室」があり、そこで中1・高3生が礼法を学びます
  • 百人一首かるた大会を、中1生から中3生まで毎年開催
感性を磨く
  • 美術の授業はデザイン、デッサン、陶芸などを幅広く展開
  • 音楽の授業は合唱コンクールやオペラ・歌舞伎鑑賞
  • 書道の授業は専用の「書道室」で、2名の専任教員から学ぶ
  • 朝学習、中1生は校祖下田歌子の「女子の修養」の読書

礼法

日本文化演習

朝学習