教育内容

校祖下田歌子は、女性の社会的自立をめざして本学園を創立しました。
彼女の願いは、生徒一人ひとりが、仕事と家庭を両立しうる高い社会的スキルと、将来を生き抜く強い人間力を獲得し、高い志を持って自らの生きる道を切り拓いていくことです。1世紀を超えて変わらぬ本校の教育姿勢となっています。

トップ > 教育内容 > 6年間一貫教育

6年間一貫教育

中高一貫教育 6年間の意味

12歳から18歳という時期は、一生に関わる大切なライフステージです。その一生を左右する6年間にしっかりと責任を持つために、本校では高校からの募集を行わず、6年間の中高一貫教育に集中して力を注いでいます。

実践女子学園では、6年間の中高一貫教育を3つの発達段階に分け、それぞれに応じたきめ細やかな指導を行っています。

基礎期
中1・中2

基礎学力が確実に身につくよう、特に国語・数学・英語の3教科に重点を置いて、週あたりの時間を多くとり、基礎学力の定着を目指します。

充実期
中3・高1


基礎期で身に付けた学力を広い分野に適応できるようにします。興味を広げ、生徒の個性と能力を大きく伸ばす教育課程を編成しています

発展期
高2・高3

理解だけの知識でなくそれを応用していく発展学習。また科目選択制とコース制により、進路の多様化への配慮と、一人ひとりの可能性が最大限に引き出せる工夫をしています。

中1・新しい始まり

小学校までとは全く違う環境に足をふみいれる1年生はまずは新しい環境に慣れることから取り組みます。そのため授業は基礎や興味に重点を置いて行われます。また、学習習慣の振り返りを行います。

中2・好きなものを見つける

学校生活にも慣れてくる2年生では自分が得意な授業、苦手な授業をきちんと認識し、苦手なものを得意にするようにじっくりとした基礎固めを行います。また生徒達は自分なりの勉強スタイルが出来てくる頃です。

中3・充実させる計画づくり

自分の学習方法を見つめ、より深い理解や習得を求められるようになる3年生では、幅広い視野を持たせ、また、自分の弱点克服に力を入れます。朝学習では新聞の活用を開始し、問題意識の幅を広げます。

高1・基礎学力の充実

高2・高3で幅広く進路の選択が出来るように、共通科目を中心に学習し基礎学力の充実とその伸長を図ります。また、「情報」「総合的な学習の時間」「朝学習」の課題探究学習を通して、自己の問題意識と興味関心を「25年後の世界と私」へと繋げます。

高2・自己の可能性と将来の展望

各自が自己の能力と適性を考え、自分の進路を見極めて文理選択や科目選択をすることにより、将来の展望と目標が立てられるようにします。

高3・目標の実現に向けて

個々の目標に向けて、効率よく希望がかなえられるよう、自由選択科目とあわせて多様化する生徒の進学先のニーズにこたえられるよう編成されています。

中高一貫のキャリア女子教育

中高一貫の「キャリア女子教育」では、中1から高3まで、自己理解~自己実現を目指します。