学園・学校紹介

1世紀以上にわたって、
こだわりある女子教育の伝統を築いてきた実践女子学園。
その伝統に貫かれた実践女子学園の信念をお伝えします。

トップ > 学園・学校紹介 > 制服と校歌・校章の紹介

制服と校歌・校章の紹介

中学校・高等学校の制服

実践女子学園の制服は、伝統あるシンプルなセーラー服。中学生は臙脂、高校生は黒のネクタイを結びます。
夏の白いセーラーブラウスは、涼しく透けにくいピケ生地を採用。夏用のセーターがあるなど、女子校らしい、きめ細かい工夫がされています。

夏用セーター

冬用セーター

JJソックス

サイドバッグ

通学カバン

本校創立(明治32年)と同時に定められた和装の初代制服は、日本の私立女学校の制服第一号として知られています。現在の制服は昭和14年に定められたもので、在校生はもちろん、卒業生たちも皆この制服に誇りと愛着を持っています。本校の制服には “堅実にして質素、しかも品格ある女性” の精神が込められており、創立から1世紀以上経った今も生き続けているのです。

校章・校歌

校章

色に縁どられた古代紫を地色とし、中央に黄金色の八重桜の花と「實」の文字が縫いとられている。 校章は新校旗の中央に縫いとられたデザインと同じで八重桜と「實」となっている。

校歌

実践女子学園校歌 歌詞
下田歌子作詞

常磐の松の下かげに
開くをしへのには桜
君がめぐみの露浴びて
にほへやしまの外までも

実践女子学園 「校歌」(平成24年度合唱コンクールより)