学園・学校紹介

1世紀以上にわたって、
こだわりある女子教育の伝統を築いてきた実践女子学園。
その伝統に貫かれた実践女子学園の信念をお伝えします。

トップ > 学園・学校紹介 > 3つのゼロミッション

3つのゼロミッション

いじめ・不登校・留年ゼロ ~当然のことを徹底的に行うことも教育の本質~

教育の原点は対話。まずはコミュニケーションから

本校は、一人ひとりの生徒にきめ細かく教育が行き届く仕組みを持っています。その原点は対話です。卒業生が実践女子学園を「もう一つの家」と感じる温かさは、この心の通った人間教育から生まれてくるのです。

カフェテリアやラウンジをはじめ、カウンセリングコーナー、ちょっとしたオープンスペースやベンチ、ソファーなど、多様な人間関係を育む多くの空間は、‘実践流’コミュニケーション教育の舞台なのです。

安心できる学園生活が基盤となり、質の高い教育が可能となる

本校では、「3つのゼロミッション」に取り組んでいます。

1.いじめゼロ

例えば中1の昼食は、生徒と教員の触れ合いの機会にもなっています。
生徒のグループ固定化を防ぎ、まだあまり話したことのなかった仲間と時間を過ごせるように導いています。

2.長期の不登校生徒(保健室登校)ゼロ

例えば保健室登校。生徒自身が問題に向き合い解決できるようになるまで、丁寧なカウンセリングや担任面談をおこないます。

3.高校生の原級留置ゼロ

本学園では生徒は皆一緒に成長と進学をしていきます。授業で分からない点などは、放課後などに生徒のペースに合わせて指導をおこないます。

以上3つのゼロを掲げることで、より充実した学園生活、質の高い教育を行う事に努めています。
どれも当然のように感じられることかもしれません。しかし、心も体も成長を遂げる敏感な思春期は色々な悩みを抱えやすい、とても不安定な時期ともいえるでしょう。

だからこそ、しっかりとしたケアと、他者と自己をよりよく知る機会を手助けすることで、生徒達は日々の学園生活の中で共同生活の難しさを学ぶとともに、成長することが出来るようになるのです。